<   2008年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

「昭和の かほり」 川越 菓子屋横丁

f0164989_23143070.jpg





f0164989_23145572.jpg





f0164989_23151534.jpg





f0164989_23155161.jpg





f0164989_23162257.jpg



2008/7/12 川越 菓子屋横丁
EOS40D
CANON EF70-200USM F/2.8 (1)
CANON EFS18-55IS (2-5)


今年最初の真夏日
川越の町並みは炎天下

暑さを振り払うような
元気な口上の響く横丁がありました

菓子屋横丁
有名な日暮里の菓子屋横丁は
もうビルの中

関東ではわずかにのこった駄菓子屋街

ここに流れるのは昭和の心意気
漂うのは昭和のかほり

見るものすべて初めてな子供たちと
見るものすべて哀愁な大人たちの
一時のタイムスリップ

まあ、ちょっと
ラムネでものんで
やすんでいきなよ
せかせか、歩いちゃ

勿体ないでしょが

by mark_blues | 2008-07-31 23:25 | 旅・自然

「ハマナス と キキョウ」 向島百花園 

f0164989_31616.jpg




f0164989_313298.jpg




f0164989_325178.jpg




f0164989_333123.jpg




2008/7/13  はまなすの実 と ききょう 向島百花園
EOS40D
TAMRON MACRO SP90AF F/2.8


夏本番前
花の季節も終演の百花園

はまなす のちいさな実と
ききょうの花が、足元の夏草の中に
こじんまりとたたずんでいました

はまなすの花言葉は
「照り映える容色」「見映えの良さ」「香り豊か」「美しい悲しみ」

ききょうは
「変わらぬ愛」「気品」「誠実」「従順」

真夏の入り口
ここだけは、涼しげです

by mark_blues | 2008-07-31 03:12 | 花・植物

「丸の内の黄昏 Part2」 東京駅 丸の内上空の夕焼

f0164989_2248171.jpg




f0164989_22484275.jpg




f0164989_22491925.jpg




f0164989_22504189.jpg




f0164989_2251553.jpg




f0164989_2252475.jpg




f0164989_23275450.jpg




f0164989_22545753.jpg




f0164989_22531122.jpg





2008/7/28 皇居上空の夕焼
CANON IXY digital 20IS

秒単位で色を変える
真夏の夕焼け
お楽しみいただけましたでしょうか

by mark_blues | 2008-07-29 22:56 | 朝焼け・夕焼け

「真夏 湧き上がる丸の内の黄昏 Part1」 真夏 東京駅 丸の内上空に現れた 燃えるような夕焼

f0164989_0422771.jpg




f0164989_23365511.jpg




f0164989_23371387.jpg




f0164989_23373239.jpg



2008/7/28 東京駅 丸の内口から、皇居上空を望む
CANON IXY digital 20IS

どんよりと曇った横浜を抜け、
疾走する東海道線の窓

突然、西の空の厚い雲が
割れるのがみえました

途中下車した東京駅の丸の内口に
呆然と空を眺めたちつくす
帰宅途中の人たち
みんな、西向いて、口をあけていました

曇天のうさを晴らしすかのように
一気に空が沸きあがり、燃え始める空

皇居の上空を舞台に
熱帯のような煮えたぎる夕焼け

真夏のカーニバルの開幕です

こりゃあ、たいへんだ

夕飯どころじゃ
ありません



------------つづく

by mark_blues | 2008-07-29 00:03 | 朝焼け・夕焼け

「真紅の夜空」 日没後、積乱雲に反射し、真紅に染まった荒川上空

f0164989_225674.jpg





f0164989_2252840.jpg





f0164989_2254842.jpg





f0164989_226123.jpg





f0164989_6375756.jpg




2008/7/27 19:00
EOS40D
CANON EF70-200USM F/2.8

日没をすぎ、名残の夕焼けが見える時間帯
それまで、漆黒の闇が覆いつつあった荒川上空が
雷鳴とともに、突然赤く、明るく染まりました

分厚く上空を覆った積乱雲に
はるかかなたの夕焼けが乱反射し
夜空が真紅に染まりました

4ショット取り終わった直後
刹那の赤い夜空は
もとの漆黒に戻っていきました

ほんの数分かぎりの
貴重な赤い夜空の映像です

by mark_blues | 2008-07-27 22:14 | 朝焼け・夕焼け

「ひるがおの咲く道で」 三河島浄水場 昼顔

f0164989_22594164.jpg




f0164989_230227.jpg




f0164989_2302273.jpg




f0164989_2305549.jpg



ヒルガオ
2008/7/20
EOS40D
CANON EF70-200USM F/2.8

梅雨の明けた蒸し暑い日曜日
久々の東京ぶらり旅
目的地どころか
最寄の駅のはるか手前

目を見張る光景にでくわしました

4月、ツツジの群生で華やかに彩られた
上水所の土手
見事なヒルガオのコロニーが
拡がっていました

花言葉は
「優しい愛情」「絆」「情事」「友達のよしみ」

透けるような淡いピンク
夕方には花を閉じてしまう
ひとときだけの花

その実、
ツツジの根元で時期を待って
一気に姿をあらわす
つる植物のしたたかさ

木漏れ日のよく似合う
可憐で、それでいて強い花
不思議な魅力を秘めています

人目にふれない小さな路地
今年はじめて咲き誇ったひるがおたちが
夏の訪れを楽しんでいました

by mark_blues | 2008-07-26 23:15 | 花・植物

「路地裏の CHINA」 横浜中華街 part1

f0164989_2254826.jpg




f0164989_226834.jpg




f0164989_2262942.jpg




f0164989_2264655.jpg




f0164989_227337.jpg



2008/7/25 横浜 中華街
IXY digital 20IS

夕暮れが迫る 
横浜中華街
痛いような真夏の陽射しが
ようやく西に傾き

張り巡らされた細く長い路地裏に
一斉に灯りがともりはじめまます

これからが本番
これからが稼ぎ時

横浜の夜の開園時間です

by mark_blues | 2008-07-26 02:35 | 旅・自然

「力のある空間」 目黒 庭園美術館

f0164989_22255746.jpg




f0164989_22262062.jpg




f0164989_2322648.jpg




f0164989_22263948.jpg



2008/7/6 目黒 庭園美術館
EOS40D
CANON EF70-200USM F/2.8

シリーズ最終
芝生庭園のアートと洋風庭園のバラ

山手線の内側
恵比寿のとなり

喧騒の街東京に
わずかに残った
時を忘れられる空間

美しく整備された庭に
調和するアートオブジェ

高原のすずしさはないけれど
木陰の多い美しい庭園には
どこか柔らかく
爽やかな空気に満ちています

しばし、ぼーっとしてましょか

by mark_blues | 2008-07-24 22:38 | 旅・自然

「横浜の窓」 横浜桜木町 ナビオス横浜

f0164989_230203.jpg




f0164989_2305426.jpg





f0164989_2311890.jpg





f0164989_2313877.jpg




「横浜の窓」 横浜桜木町 ナビオス横浜
2008/6/27 IXY digital 20IS


横浜桜木町
21世紀の新しい街 MM21

そのほぼ中心に
巨大な窓があることに
気づいている人は意外にすくないようです

横浜国際船員センター ナビオス横浜
この不思議な形のビルは

それ自体が巨大な額縁

港に向かえば
額縁の中に、赤レンガ倉庫の絵が

桜木町の駅に向かえば
横浜の新しいシンボル、ランドマークタワーが

見事におさまります

時間とともに
天候とともに
美しさが変化する
巨大な絵画

一度、ゆっくり
拝みにきませんか?

by mark_blues | 2008-07-23 23:09 |

「炎と呼ばれる花」 フロックス 和名:花魁草(おいらんそう)

f0164989_23492326.jpg




f0164989_23494969.jpg




f0164989_23501019.jpg


フロックス
2008/7/13 向島百花園 
EOS40D
TAMRON MACRO SP90 AF F/2.8




フロックス

日本名は、「花魁草」(おいらんそう)
ギリシャ語の「phlogos(炎)」が語源で
燃えるようなピンク色からついたとか

別名「草夾竹桃」(くさきょうちくとう)。

花言葉は「合意、一致」

日本名の「おいらんそう」(花魁草)は、
花の香りが、
おいらんの、白い粉の香りににていることから
ついたとのこと

向島百花園の一角に
燃えるように咲き誇るピンクのフロックス
おいらんの艶やかさが乗り移ったかのようです

たった一株だけの白いおいらんそうは
隠れるようにひくく、
慎ましやかにさいていました

白いフロックスは
無垢な少女を思わせる
爽やかさがありました

まるで
艶やかな姉と
控えめな妹の
姉妹のようです

by mark_blues | 2008-07-23 00:00 | 花・植物