「 お金のできる木 」 上野 東照宮 ミツマタ

f0164989_947056.jpg




f0164989_9471982.jpg




f0164989_9473918.jpg




f0164989_9481555.jpg



2009/1/9 上野 東照宮 牡丹苑 ミツマタの花芽
CANON EOS40D
TAMRON MACRO SP90AF F/2.8

ミツマタ(三叉) (みつまた)の花芽
沈丁花(じんちょうげ)科。

原産地 中国中南部、ヒマラヤ。
江戸時代初期に渡来

枝が3本ずつ分岐するため、この名前がついた
樹皮には強い繊維があり、和紙の原料とされる
しわになりにくく、虫害にも強い高級紙が作れるゆえ

1万円札などの
紙幣や証紙など重要な書類に
使用されている


ミツマタの花芽がふくらんだよ
春の開花はまだまだだけど

雪をかぶったような白い芽をみると
春の足音が聞こえてくるような
そんな気分に
なれるやね

華やかな寒牡丹の園の片隅では
君たちは脇役

でもさ
日本のお金はさ
寒牡丹の花じゃなくて
ミツマタでできてたり
するんだよね

脇役のようで
実は日本の顔だったり
するわけで

いいね
渋いね
かっこいい



にほんブログ村 「デジタル写真」ランキングに参加してます
↓ご覧になられた方の、投票を、以下のアイコンクリックにて、お願いいまします

にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ


別の「人気ブログランキング」にも参加いたしております
↓よろしければ、こちらへの投票もお願い申し上げます。

人気ブログランキングへ

by mark_blues | 2010-01-31 09:55 | 花・植物